前の記事  « | »  次の記事

群馬県の穴を侮るなかれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 群馬県の穴を侮るなかれ!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
群馬県の穴を侮るなかれ!群馬県情報発信館 ぐんまの会



穴があると中って気になりますよね。

 

 
あれって なぜ なんでしょうか?

ちょっと調べて見ると、とある記事に出会いました。





男性は一人になることによってストレスを発散させたり、抱えた問題を解決する。男性にとってそれは【自分の心をメンテナンスする】ためのとても重要な行為であり時間なのです。
【男の聖域】をほしがる心理かららしいです。
男が穴にこもるわけ ヨシツグの恋愛心理ブログより


 
入るんじゃなくって、こもっちゃったよ・・・。

 
あれ?そういうことを知りたかった訳じゃなかったんだけれどなぁ・・・。
まぁ、いいか。ヨシツグさんありがとうございました。


 

 
穴といえば・・・

 

 
入る!

 

 
もう、その言葉しか頭に浮かび上がらない僕です。



 
さて、山ノ上古墳の中に入って見たいと思います。


 
潜入です!


 

 
すずしーーーーい



 
当日の天気は快晴、温度は34度にまで上がっていましたが、
中はひんやり、北海道気分。

 

 
いいぇーい(^o^)丿

 
 

 
と思ったのもつかの間、彼らとの出会いは突然に・・・。

何かが動き出します。
何だ?何なんだ?

カサカサカサ・・・。


 
いやーぁぁぁぁぁぁぁ\(◎o◎)/!

 

(クリックすると大きくなりますよ。)

 
蜘蛛です。
蜘蛛の大群です。

 
(クリックすると大きくなりますよ。)

あ、肩にも・・・・・


ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ(+o+)

古墳内はもうパニックです。
いや、私がパニックです。



 
あんな大群の蜘蛛を見たのは、人生において初めてでした。

 
蜘蛛は悪くないんですが、大量に見ると怖くてかないません。

 
皆さん!!穴にはいるときは、くれぐれも気を付けてください。


奥には何かがありました。

 
これ以上近づくのは危険と判断し(弱虫)
内部探索を中止としました。

 
さて、古墳をあとにして、もう少し先まで行ってみようと思います。

 
『わけいっても、わけいっても、青い山』と読んだ、
種田山頭火のように。

 
それはまた次回で。




 
>>胸詰まる想い 群馬の歌碑 #1 

>>太古のロマンを感じる群馬#2 

>>時間の渦に飲み込まれた場所 高崎市の礼所#3 

>>山に登って群馬の古墳を見てみよう!#4



 

 
群馬県ブログランキング
もしよろしければ、ポチッっと応援をおねがいします。




 

より大きな地図で ぐんまの会 を表示

 


関連記事:


前の記事  « | »  次の記事

トラックバック URL

コメント & トラックバック

No comments.

Comment feed

コメントをどうぞ