前の記事  « | »  次の記事

群馬県は東歌が多いのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 群馬県は東歌が多いのかな?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
群馬県は東歌が多いのかな?群馬県情報発信館 ぐんまの会


山道の装備について考える。


私は過去に富士山の0合目から徒歩で登ってみよう!
と不意に思い、登ってみたこともあるんですが・・・



 
なんて無謀なことをしてきたんだろうと、今更ながら反省します。

 
登山家の方に怒られてしまいそうですね。


 
群馬県山登りの時は、しっかり準備を整えようと思います。

 
まずは長袖からスタートだな。


 
今こうして、山蚊に悩まされているので・・・。



 
蜘蛛の記憶を振り払うように先を急ぎました。

 

 

 
すると歌碑を発見。

 

 
読んでみると・・・。


 
『あすか河 塞くと知りせば

     あまた夜も ゐ寝てこましを せくとしりせば』




 
どんな意味なんだろう?


 
『二人の仲がひきさかれる定めだと、

     それが分っていたなら、

        幾夜も幾夜も共寝をしたものを、ああ。』


 

 
コレも東歌のようだ。

 
悲しい歌ばかりなのかもしれないなぁ・・・。


 
しばらく歩くと、もうひとつ発見!

 

『日の暮れに 碓氷の山を 越ゆる日は

          夫なのが袖も さやに振らしつ』



 



 

『袖もはっきり見えるほど、

   ひどく振って峠を越えていった人

防人に旅立ったあのかたの最後のお姿だった。』



 

 
もの悲しい・・・。

 
別離や失恋、後悔や恨みの碑が多いのかな・・・。

ポジティブな碑がみたいよーー!!

 

 


 
それはまた次回で。



過去の記事はこちらから
>>胸詰まる想い 群馬の歌碑 #1 

>>太古のロマンを感じる群馬#2 

>>時間の渦に飲み込まれた場所 高崎市の礼所#3 

>>山に登って群馬の古墳を見てみよう!#4

>>群馬県の穴を侮るなかれ!#5



 

 
群馬県ブログランキング
もしよろしければ、ポチッっと応援をおねがいします。



 

より大きな地図で ぐんまの会 を表示

 


関連記事:


前の記事  « | »  次の記事

トラックバック URL

コメント & トラックバック

No comments.

Comment feed

コメントをどうぞ