前の記事  « | »  次の記事

下ったら上るわけです。群馬県赤城山

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 下ったら上るわけです。群馬県赤城山
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
下ったら上るわけです。群馬県赤城山群馬県情報発信館 ぐんまの会



秋。
食欲・スポーツ・大自然!!

いや、秋を楽しんでいます。


お腹も満たされましたので、さっそく水を汲みたいと思います。



水を汲むのに使用する容器はコチラ
エバニュー(EVERNEW) ウォーターキャリー2L



私が使ったのは2リットルなので『EBY208』ですね。





このエバニュー社の歴史は古く、
1923(大正12)年、おもちゃ問屋増田屋から独立した岩井新蔵は、金属製運動用具製造卸の店、増新商店を創業した。「増新」というのは「新しい増田屋」という意味であった。増新商会は戦後1950(昭和25)年に株式会社増新として会社組織となった。
 エバニューというブランド名は増新商店時代から存在していた。「増新」を元にエバー・ニュー(Ever-new、いつも新しい)というブランド名を考え出した。そして1965(昭和40)年に社名を株式会社エバニューに変更し、現在に至っている。
 エバニューはホープ、トップと並んで登山・スキー用品業界では金属3社と呼ばれた。登山者の間ではクッカー(独・コッフェル)や食器が有名であるし、オーストリア製ストーブ「ホエーブス」(PHOEBUS)の販売代理店であったことも良く知られている。またアメリカのスキー「K2」やオーストリアのスキー金具「チロリア」の販売も行っていた。さらにK2の子会社だった「ジャンスポーツ」(JAN SPORT)のザックの販売も行っていた。
 現在は伝統のクッカーや食器をはじめ、ドイツ製「タトンカ」(TATONKA)のザックやアメリカ製「ヨーレカ」(EUREKA)のテントなど登山用具全般にわたって製造・輸入・販売をしている。

日本を代表するアウトドアブランドの1つなのですね。



このウォーターキャリー2L は折りたためるから、ものすごく重宝しています。

YouTube Preview Image




さて、御神水を汲み終わったので戻ります。


下ってきたので、上りが待っているわけですよ・・・。
300m 45度以上の傾斜を登ります。

YouTube Preview Image



 
群馬県ブログランキング
もしよろしければ、ポチッっと応援をおねがいします。






関連記事:


前の記事  « | »  次の記事

トラックバック URL

コメント & トラックバック

No comments.

Comment feed

コメントをどうぞ