前の記事  « | »  次の記事

こども達と共に絵本を読み続ける 岡崎書店 :群馬県前橋市

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - こども達と共に絵本を読み続ける 岡崎書店 :群馬県前橋市
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
こども達と共に絵本を読み続ける 岡崎書店 :群馬県前橋市群馬県情報発信館 ぐんまの会


最近は電子書籍業界が盛り上がっているようですね。
Apple社のI-Padを皮切りに、Amazonからキンドル。
日本のメーカー各社でもタブレット端末が怒涛のように発売されています。



1868年(明治元年)から2007年(平成19年)までの経済と社会生活に関する日本の政府統計を表およびグラフでを体系立てて通覧可能な『日本経済統計集』も電子書籍で出版されているように、ますます 書籍業界から目が離せません。
ただ、電子書籍業界が盛り上がれば盛り上がるほど、今までの紙で刷られた書籍の販売は落ち込むのでしょうか?

紙の質感を感じながら読む。ここのファンはいなくならないものと思います。

そして実店舗ではどうなのか?そんな疑問を抱えつつ、とある書店さんにインタビューを行ってきました。

前橋市のフォリオ駒形に岡崎書店があります。
ここでは、変わりゆく書籍業界をいち早く捉えて、地域密着型のイベントを立ち上げています。

『おはなし会』
この『おはなし会』は絵本や紙芝居を通じて、おはなしを子供たちに届ける取り組みです。
しかも、大人が読み上げるだけではなく、子供たちにも読む機会を作って、みんなの前で発表するから驚きだ。

わたしも小学校時代、先生に「●~▲の部分を読んでください。」と言われたときは嫌な思いをしていたものです。

YouTube Preview Image

ですが、岡崎書店で読み上げている子供たちは、物語を楽しみながら読み上げている。

小さい時からこんなステキな機会に恵まれているのって羨ましいと感じました。

楽しく読みあげた後は、お菓子のプレゼント。
子供たちには嬉しい贈り物ですね。


この『おはなし会』は月1回のスペシャルイベントです。
毎月第4土曜日に開催しているそうです。

※詳しくは岡崎書店に直接問い合わせください。





地域密着型の力強さと店長 岡崎さんの熱意を感じました。
これからも、子供たちに物語を届け続けてください。



≪岡崎書店≫
379-2152
群馬県前橋市下大島町1151-1
フォリオ駒形ショッピングセンター内
電話 027-266-0030
営業時間: 9:00〜21:00 定休日なし
HP: http://www.okazakishoten.jp/



より大きな地図で ぐんまの会 を表示

群馬県ブログランキング
ポチッっと応援をおねがいします




関連記事:


前の記事  « | »  次の記事

トラックバック URL

コメント & トラックバック

No comments.

Comment feed

コメントをどうぞ