前の記事  « | »  次の記事

ガンコ親父のこだわりこんにゃく 群馬県沼田市 松井農産

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ガンコ親父のこだわりこんにゃく 群馬県沼田市 松井農産
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
ガンコ親父のこだわりこんにゃく 群馬県沼田市 松井農産群馬県情報発信館 ぐんまの会


こんにゃくってこんにゃくいもから作られているのは知っていました。
そして、こんにゃくの臭いとアクの元は消石灰(水酸化カルシウム)ってことも知っていました。
ですが、こんにゃくが作られる過程で、あんな事が行われているなんて知りませんでした!



さて、第9回国内観光活性化フォーラムin群馬の会場をぶらぶらしていたときに、1人のこんにゃく職人と出会いました。
ガンコ親父のこだわりこんにゃくで有名な松井農産です。


沼田市で農業生産法人を運営している松井農産
松井庄次郎さんが「市販のこんにゃくはうまくない!」の一言で、冬仕事にこんにゃくの製造を始めたのが昭和58年。
こんにゃく作りを始めて20年余りですが、この期間で≪農林水産大臣賞≫を2度受賞。
さらに≪内閣総理大臣賞≫まで受賞している。


面白いのはこんにゃく神社を建立させていたり、こんにゃくマイスターの資格も取得していたりと。

こんにゃくへの探究心がハンパない!

そうそう、私が驚いたのはこんにゃくいものことです。


こにゃくを作るためのこんにゃくいもって、3年かけて育てないとこんにゃく加工には使えないのって知っていました?
私はそこに驚きました。

こんにゃくを作る原料だけで3年ですよ。

時間も手間もかかっているこんにゃく。


お土産に湯葉こんにゃくを買いました。


この湯葉こんにゃく
豆乳が練りこまれていている面白いこんにゃくです。そのまま食べても美味しいですが、鍋にいれて食べるとコリコリとした食感が楽しめます。
刺身こんにゃくもオススメです。

ここのこんにゃくを食べたら、市販のこんにゃくは食べられなくなりますよ。
身体のことを考えたら、断然 松井農産のこんにゃくで決まりですね。



農業生産法人
有限会社 松井農産


〒378-0076 群馬県沼田市秋塚町312
TEL:0278-24-5916  
FAX:0278-24-8841
H P:http://matsuinousan.com

群馬県ブログランキング
ポチッっと応援をおねがいします




関連記事:


前の記事  « | »  次の記事

トラックバック URL

コメント & トラックバック

No comments.

Comment feed

コメントをどうぞ