前の記事  « | »  次の記事

群馬県の著名人

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 群馬県の著名人
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
群馬県の著名人群馬県情報発信館 ぐんまの会



群馬県が輩出した著名人を調べてみました。

現在、群馬県のPRポスターにも掲載されている
中山秀征さん・井森美幸さんの両名。

 

 
もう少しパンチの効いたポスターがあればいいのになぁ
なんて思いますが・・・。




 
群馬は文学界への貢献者を数多く輩出していますね。

 
「坂口安吾桐生日記」「乾坤独算民」の浅田 晃彦さん
大杉栄と交わりがあった、生方 敏郎さん
「野ばらの歌」「ちょうになったさくらこ」のおの ちゅうこうさん
「監獄裏の詩人たち」「群馬文学全集」の伊藤信吉さん
大正3美人の1人として名高いきむ子と結婚した林柳波さん
などバラエティーに富んだ作家がいました。

 
中でも、今回紹介したいのは《萩原 朔太郎》さん

 
谷崎潤一郎や北原白秋、室生犀星などとも交流があり、前橋に滞在中に『月にほえる』を発表
前橋市でマンドリン倶楽部の演奏会を頻繁に開催したり、前橋市にいる詩人歌人たちと「文芸座談会」なども開催していた。
間違いなく、当時の日本の文学界を牽引していたのは《萩原朔太郎》さんではなかろうかと。

 
その朔太郎さんの記念館が前橋市にはあります。
 

 

 

 
当時、使用していたと思われる部屋の様子。
そして、机と椅子も展示されていました。
 


 



 
朔太郎さんが有名な前橋市。
そんな前橋市では現在、全国の小学生、中学生、高校生を対象にしたコンクール「第16回詩(うた)のまち前橋若い芽のポエム」の作品を募集している。

 

 
応募は400字詰め原稿用紙2枚以内(作品名、学年、氏名含む)
1人1作品。
このほか住所、氏名、性別、学校名、学年、作品名、生年月日、電話番号などを明記した書類を付ける必要があります。
応募締め切りは8月1日だそうです。
詳しくは前橋市政策部文化国際課(TEL 027-898-5856)まで連絡してください。

※くれぐれも、自身で感じた詩を応募してください。
作詩サイトからの盗作はいけませんよ!!

 
もしよろしければ、ポチッっと応援をおねがいします。



 


関連記事:


前の記事  « | »  次の記事

トラックバック URL

コメント & トラックバック

No comments.

Comment feed

コメントをどうぞ